若い人にも増えている薄毛の悩み|女性に効果的な育毛剤で改善しよう

髪の毛を増やせる

男性

大阪などのクリニックで治療できる自毛植毛は、頭頂部などの髪の毛の薄くなった部分に、ほかの部分から毛根ごと髪の毛を移植する治療方法です。自然な仕上がりになるため人気があり、髪の毛が成長して生えかわるのが特徴です。

もっと見る

ストレスに気を付けよう

微笑むレディ

円形脱毛症の主な原因はストレスが挙げられます。女性も過度なストレスを感じる事で、中学生や高校生といった思春期でも発症するリスクがあります。少しでも髪の毛に異変を感じましたら、直ぐに病院に行くようにしましょう。

もっと見る

薄毛の治療法

頭

薄毛の治療法には、内科的治療と外科的治療があります。東京のクリニックでは薄毛の外科的治療として、自毛植毛と人工毛植毛を行っています。植毛手術を受けることによって、薄毛や男性型脱毛症を治すことができます。

もっと見る

20代の原因と治療方法

笑顔の女性

女性の育毛剤を選ぶのに知っておくべきことは、年齢別に治療方法が異なるということです。そのため、20代、30代、40代別に育毛剤を使用すると良いです。ここでは20代の女性に焦点を当ててみます。若い人は女性ホルモンが非常に多く分泌されているので、抜け毛が生じることはあまりありません。しかしながら、それにもかかわらず育毛剤を使う必要があるのは特有の原因があるのです。それは血行不良、健康的な髪の毛の栄養不足などが代表的なものです。したがって、こうした原因を改善する育毛剤を使用しましょう。特に、血行促進効果のあるものや栄養補給効果のあるものがおすすめです。他にも最近ではびまん性脱毛症も出てきているのでその対策も必要です。

最近の20代女性の薄毛で多いのはびまん性脱毛症です。これは男性の薄毛症状とは全く異なります。男性の場合は生え際の後退などが典型的なものですが、このびまん性脱毛症の場合は分け目や地肌全体が透けて見えるような症状が典型例です。この原因は過剰な皮脂分泌やヘアカラーの影響などがあります。育毛剤としては皮脂の分泌を抑制するタイプのものや頭皮の乾燥を促すタイプのものがおすすめです。このように、20代女性の薄毛は特有の原因によって引き起こされるものであり、使用する育毛剤も適切なものを選ぶ必要があります。20代女性が育毛剤を使用することは、統計的に見ても、普通のことです。実際に10人に2人は育毛剤を使用しています。